大分県病院薬剤師会とはabout

大分県病院薬剤師会は、大分県下の病院・診療所に勤務する薬剤師約460名により、組織されています。
本会は、会員の地位向上と会員相互の親睦を図るとともに、学術・技術の研鑽錬磨を進め、医療機関のなかにおける専門機能を十分に発揮し、以て国民の保険衛生に寄与することを目的にしております。

会長挨拶message

本Webサイトにお越しいただき、誠にありがとうございます。

当会では、より便利で、より多くの方にご活用いただけるよう、令和4年3月、Webサイトをリニューアルいたしました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

大分県病院薬剤師会は、昭和27年(1952年)、当時の国立亀川病院薬剤科長 清水貞知先生の呼びかけにより、勤務薬剤師有志が別府市で会合したことに始まります。そして6年後の昭和33年、正式に発足いたしました。歴代会長ならびに諸先輩のご尽力により会は順調に発展し、令和3年6月に、10代会長森一生先生から菅田が引継ぎ、今日に至っています。

この間、私たち病院薬剤師に求められる役割や業務は、外来から病棟へ、モノから人へ、病院完結型から地域完結型へと、大きく変容してまいりました。
すなわち、地域医療構想、地域包括ケア、働き方改革に則ってのタスクシフト、タスクシェア、院内業務展開(慢性期病棟、周術期部門、外来など)。それらのことが、重点目標となる所以です。

医療の担い手として、薬の専門職として、より良い薬物療法を地域住民の皆様に提供できるよう、会員薬剤師とともに、業務水準向上、情報共有に努める所存です。

本Webサイトが、会員相互の情報交換の場となることを願っております。
また、県民の皆様、他職種の皆様におかれましても、気軽にご訪問いただければ幸いです。

大分県病院薬剤師会 会長 菅田 哲治
(医療法人慈恵会 西田病院)

主な活動

  1. 病院診療所薬剤師の学術技能向上
  2. 医薬品の適正使用の推進
  3. 薬剤管理指導業務の完全実施
  4. 長期実務実習の充実
  5. 学会、講習会、研修会の開催
  6. 機関誌の刊行
  7. 大分県薬剤師会、関係団体との連携
主な活動

沿革

1952.07.31
清水貞知氏(当時の国立亀川病院薬剤科長)の提唱で勤務薬剤師有志が会合(別府市田ノ湯保健所於て)
1958.07.12
第1回総会を開き会則制定、正式発足
1974.01.26
第15回総会・創立15周年式典・記念特別講演・祝賀会開催
1978.05.14
第20回総会・創立20周年式典・記念特別講演・祝賀会開催
1983.05.08
第25回総会・創立25周年式典・記念特別講演・祝賀会開催
1988.05.14
第30回総会・創立30周年式典・記念特別講演・祝賀会開催
1998.04.25
第40回総会・創立40周年式典・記念特別講演・祝賀会開催
2003.04.19
第45回総会・創立45周年式典・記念特別講演・祝賀会開催
2008.04.19
第50回総会・創立50周年式典・記念特別講演・祝賀会開催
2013.04.20
第55回総会・創立55周年式典・記念特別講演・祝賀会開催
2018.04.21
第60回総会・創立60周年式典・記念特別講演・祝賀会開催

役員(2022.5.12現在)

会長 菅田 哲治(西田病院)
副会長 伊東 弘樹(大分大学医学部附属病院)
山田 雅也(大分三愛メディカルセンター)
常任理事 井上 真(大分岡病院)
大森 由紀(大分県立病院)
北 英士(厚生連鶴見病院)
重藤 靖道(臼杵市医師会立コスモス病院)
理事 加藤 博和(大分市医師会立アルメイダ病院)
亀井 公惠(帆秋病院)
熊井 真紀(大分記念病院)
宗 広樹(大分赤十字病院)
龍田 涼佑(大分大学医学部附属病院)
田村 和彦(済生会日田病院)
辻本 浩也(和田病院)
富田 珠美(中津市民病院)
橋本 昌文(九州大学病院別府病院)
葉田 昌生(南海医療センター)
原尻 学志(大分市医師会立アルメイダ病院)
松木 千恵(明野調剤薬局)
山田 剛(大分県立病院)
又野 宏(国東市民病院)
監事 近藤 和宏(済生会日田病院)
橋爪 慈子(別府リハビリテーションセンター)
別府地区 北 英士(厚生連鶴見病院)
県北地区 辻本 浩也(和田病院)
県西地区 田村 和彦(済生会日田病院)
県南地区 葉田 昌生(南海医療センター)
日病薬代議員 伊東 弘樹(大分大学医学部附属病院)
日病薬予備代議員 北 英士(厚生連鶴見病院)
病診支部長 宗 広樹(大分赤十字病院)
PAGE TOP